ドラゴン桜1期東大合格者は誰?その後や最終回結末ネタバレを調査

ドラゴン桜1期東大合格者は誰?その後や最終回結末ネタバレを調査 ドラマ
ドラゴン桜1期東大合格者は誰?その後や最終回結末ネタバレを調査
Pocket

豪華キャストと大胆な展開が話題となった「ドラゴン桜2」。

今注目の若手俳優の演技や半沢直樹風のハラハラな展開が話題となり、注目を集めたドラマだったのではないでしょうか。

ドラゴン桜は2005年に1期が放送されており、「1期では誰が東大合格者だったのか?」「卒業したその後、どうなっていくのか?」というのが気になる方も多かったのではないでしょうか?

今日は、「ドラゴン桜1期東大合格者は誰?その後や最終回結末ネタバレを調査」として、ドラゴン桜1期東大合格者は誰?その後や最終回結末ネタバレを調査していきます。

 

ドラゴン桜1期東大合格者は誰?

ドラゴン桜2005の東大の合格者についてみていきましょう。

2005年版では特進クラス(東大専科)の生徒数は6名でした。

(※2005年特進クラスの生徒・キャストについてはこちらの記事でまとめています。)

今期の劇中でも水野(長澤まさみ)から言及されていたように、2005年版の舞台である龍山高校の偏差値は32と決して高いとは言えませんでした。

偏差値については今期シリーズの舞台である龍海学園の偏差値と同レベルです。

その中で、特進クラスの6名全員が今シリーズと同じように努力して受験に挑んでいます。

 

合格者は?

劇中で現役合格したのは

  • 矢島(山下智久)
  • 奥野(中尾明慶)
  • 香坂(新垣結衣)

の3名です。

※ただし、後述の通り矢島はその年は合格したものの進学はしませんでした。

 

不合格者は?

現役受験で不合格(棄権含む)となったのは

  • 水野(長澤まさみ)
  • 緒方(小池徹平)
  • 小林(紗栄子※当時サエコ)

の3名です。

合格・不合格は見事に半分ずつという結果でした。

全員が合格してハッピーエンド・・・という展開にならないところに、受験ドラマのリアルさを感じますね。

 

ドラゴン桜1期その後や最終回結末ネタバレを調査

しかし、上記の結果はあくまで「現役受験の結果」です。

続いては、実際に進学したのか・不合格になった生徒はその後どうしたのか・・・など、受験を終えた生徒のその後についてをご紹介していきます。

 

矢島勇介(山下智久)

矢島は無事理科Ⅰ類に合格しましたが、合格者の中で唯一進学をしませんでした。

母子家庭ということもあり、経済的な理由から進学を断念せざるを得なかったのです。

最終回では大学へは進学せず、桜木と同様独学で弁護士を目指すという決断をしています。

進学は叶いませんでしたが、その代わりに形式や手段にとらわれない、自分自身の目指す「夢」を見つけられたということですね。

桜木という存在に出会えたことが、矢島の人生を大きく変えたといっても過言ではないでしょう。

ドラゴン桜2の最終回では、声のみではありましたが出演し話題となりましたよね。

その後、弁護士として活躍しているかの言及は残念ながらされていませんが、納得のいく人生を歩んでいることが想像できますね。

 

奥野一郎(中尾明慶)

奥野には進学校に通い自分と同じく東大を受験した優秀な双子の弟がいます。

その弟から試験当日に消費期限切れのサンドイッチを渡されるという嫌がらせを受けましたが、結果としては見事合格しました。

ちなみに、双子の弟は不合格となりました。

人を蹴落とさず、ひたすら愚直に努力を積み重ねてきた結果が見事花開いたということですね。

奥野は双子の弟を見返すことが東大受験のきっかけ・目標でしたが、無事目標達成できていますね。

ドラゴン桜2の最終回に緒方・麻紀と一緒に登場し、東大卒業後のその後は自動車メーカーのエンジニアとして活躍されていることが明かされましたね。

 

香坂よしの(新垣結衣)

勇介と一緒にいるのが目的だった香坂も、無事合格しました。

一緒に合格した勇介が進学を断念したため、てっきり香坂も辞める展開かと思われました。

しかし、「もっといろいろなことが知りたい」という理由から、奥野とともに「勇介がいない」東大への進学を決断します。

彼氏第一だった香坂が、最終回までの受験を通して成長したことが伺えます。

ドラゴン桜2の最終回に登場し、東大卒業後のその後は、システムエンジニアとして活躍していることが明らかになりましたね。

 

水野直美(長澤まさみ)

母親が倒れ意識が戻らなかったため、現役での受験は二次試験で断念しました。

しかし、今期のドラゴン桜でも言及されていた通り、一浪後のその後は無事東大に進学し弁護士となっています。

水野は父親がおらず母親と二人暮らしでしたが、母親のことを初期は軽蔑しており仲が良くありませんでした。

東大受験よりも母親を優先したことに、水野が母親に対して抱いていたわだかまりが溶けたことを感じさせられます。

2期ではレギュラーキャストとしての出演でしたね。

1期最終回後の姿を一番見れたこともあり、成長や進化をひしひしと感じましたね。

 

緒方英喜(小池徹平)

父親を見返すために必死に取り組んだ受験でしたが、結果は不合格でした。

ただ、最終回の受験後には父親から「お前はがんばった」と褒められており、無事和解できたことがわかっています。

その後も諦めず東大を目指し続けることを決意し、卒業後は特進クラスの臨時講師も受け持ちながら自身も浪人をしていました。

結果は不合格でしたが、父親から言われたねぎらいの一言は、緒方にとってはある意味合格よりも嬉しい言葉だったかもしれませんね。

残念ながら卒業後の姿はその後劇中では明記されていませんが、きっと緒方も後悔しないような人生を歩んでいるのだろうなと感じますよね。

ドラゴン桜2の最終回に登場し、コンサル会社で働いていることが明かされました。

東大卒業生の先輩として登場したことを考えると、緒方もその後無事に東大に合格したということですね。

 

小林麻紀(紗栄子※当時サエコ)

「東大卒」アイドルのために受験をしましたが、麻紀も不合格でした。

ただ、諦めずに翌年も受験をし、一浪の末、見事その後東大に合格、夢だった「東大卒タレント」として活動しています。

麻紀も最終回にて、浪人時代に緒方と一緒に特進クラスの臨時講師をしていましたね。

麻紀は今期ドラゴン桜の1話にゲスト出演し、話題になりましたよね♪

 

その後 まとめ

ドラゴン桜1期でのそれぞれの進路とその後は上記の通りです。

まとめると、6名中、浪人を含めて東大へ進学したことがはっきりとわかっているのは、水野(長澤まさみ)・香坂(新垣結衣)・奥野(中尾明慶)・小林(紗栄子※当時サエコ)・緒方(小池徹平)の5名です。

矢島は進学したかどうかは明言されていませんでしたが、いまでもつながりがあることを考えると合格した可能性が高そうですね。

もし合格せず別の道を歩んでいたとしても、東大専科で自分のやりたいことをしっかりと見つけられた矢島なら納得のいく人生を歩んでいるでしょうね。

全員合格!ハッピーエンド!ではなく、それぞれの家庭の事情なども絡めながらの展開・決断にはハラハラさせられましたね。

人間としての成長も感じられましたし、彼らの1年の変化や成長を存分に感じられる結果・最終回だったように思います。

 

桜木健二のその後は?

桜木はもともと、特進クラスの生徒全員を東大に合格させることを条件として龍山高校に雇われていました。

偏差値30台の高校から6名中3名合格者を出しただけでも大したものですが、当初の条件には満たなかったため辞表を提出し龍山高校を去ります。

しかしその後、理事長が桜木の実績を各所に伝えていたために、桜木のもとにはひっきりなしに電話がかかってくるように・・・!

今回の成果がきっかけで、龍山高校に行く前は廃業寸前だった自身の「桜木法律事務所」を持ち直すことが出来たのでした。

ここまでが1期のお話です。

時は立ち、桜木は大きくなった自身の法律事務所の経営と東大受験指導の二足の草鞋で活躍をしていました。

しかし、東大受験の指導していた生徒のうち一人が東大に落ちてしまい、なんと桜木の目の前で自殺未遂をしてしまったのです。

この一連の事態は弁護士同僚の岸本に仕組まれたことでした。

桜木は東大指導者としての経歴に傷がつくだけでなく、弁護士としての顧客もすべて奪われてしまいます。

桜木はその後2年間に渡り失踪をしていましたが、長澤まさみ演じる水野に見つけ出され、龍山高校と同じく経営が危うい「龍海学園」の東大専科で再び生徒とともに東大受験を目指していくのです。

この龍海学園での物語がドラゴン桜2期でした。

そして、龍海学園の生徒が卒業を迎えた際(ドラゴン桜2のストーリーをもって)、桜木は教師を卒業することを宣言しています。

教鞭は教え子である水野に託し、自身は引退し弁護士業に専念・・・ということでしょうか。

その後の姿はドラマ内では描かれていませんが、一度絶望した桜木が教え子である水野に救われ、もう一度東大指導をすることで生徒と自分自身をも救いました。

そのバトンは水野に引き継がれていく・・・この展開には思わずグッときましたね。

 

ドラゴン桜1期東大合格者は誰?その後や最終回結末ネタバレを調査まとめ

今回は、ドラゴン桜1期東大合格者は誰?その後や最終回結末ネタバレを調査ということで、ドラゴン桜1期の東大合格者が誰なのかと、その後や最終回結末ネタバレを調査してみました。

最初は「東大に合格すること」が目的となっていた生徒たちですが、最終的には受験を通して全員が人間的に深く強く成長していました。

卒業してからのその後の姿を見ることもできて、彼らの人生が続いているのが嬉しくなった方も多いのではないでしょうか。

1期・2期と大好評で終わったドラゴン桜ですが、ドラゴン桜3はあるのでしょうかね?

若手俳優の発掘となるドラマでもありますし、その時代の子供たちが抱える問題を色濃く反映させながら、受験という身近な題材に誰もが楽しめるドラマだと思います。

引退すると言いながら復活・・・という展開もできそうですし、水野がメインでもいいですし、見てみたい気もしますね。

楽しみに待ちましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました