ショートプログラム(JO1)途中下車ネタバレあらすじ!その後二人は付き合った?

ショートプログラム(JO1)途中下車ネタバレあらすじ!その後二人は付き合った? アニメ・漫画
ショートプログラム(JO1)途中下車ネタバレあらすじ!その後二人は付き合った?
Pocket

2022年3月1日よりアマプラにて配信されるWEBドラマ「ショートプログラム」。

ボーイズグループJO1の11名が主演を務めるドラマです!

豪華なヒロインと、あだち充原作とのタイアップが話題となり、配信前からかなり注目されていますよね!

今日は「ショートプログラム(JO1)途中下車ネタバレあらすじ!その後二人は付き合った?」と題して、ショートプログラム(JO1)途中下車ネタバレあらすじと、その後二人は付き合ったかを検証していきます。

最後までごゆっくりご覧下さい♪

 

ショートプログラム(JO1)途中下車ネタバレあらすじ!

それでは、あらすじとネタバレを早速見ていきましょう♪

ごゆっくりご覧くださいね!

 

「途中下車」あらすじ

主人公は「ふつう」の高校生である16歳の村松渡です。

村松が電車に乗り、一人でとある目的地を目指しているところから物語は始まります。

村松は夏休みを利用して、中学一年生の時に転校していった初恋であり命の恩人の「佐倉麻美」に会いに行こうとしていたのです。

そのために、北海道への家族旅行についていかずに一人旅で電車に乗っていたのでした。

佐倉麻美が引っ越した目的地はまだまだ先でしたが、向かう途中の電車に揺られている最中、村松は置き引き(ひったくり)にあい一文無しになってしまいます。

そのため、目的地までの途中にある「木美浜」駅で途中下車をする羽目になるのでした。

木美浜駅に降り立った村松はふらふらとあてもなく海辺を散歩し、そこで偶然、小中と一緒だった「小宮慶子」と遭遇します。

小宮は夏休みを利用して、伯母さんの経営する海の家でアルバイトをしていたのでした。

小銭程度しか持っておらず途方に暮れていた村松は、小宮の提案で一緒に海の家でアルバイトをすることになります。

バイト途中で一緒に休憩をしていると、村松と小宮の小学校~中学校時代の昔話が始まります。

村松の太ももには傷があり、その傷は二人(+佐倉麻美)が一緒に林間学校に行ったときに負ったものでした。

村松の話によると、林間学校中に一人で竹林にいるときにケガをしてしまったようで、出血でふらふらしているところを佐倉麻美が発見し、助けてくれたというのです。

かなり深い傷だったようですが、病院に着くまでの応急処置がよかったため村松は一命をとりとめました。

このことから村松は佐倉麻美を「命の恩人」とし、恋をしてしまったようです。

昔話をしたり、花火をしたり、海に入ったり・・・村松と小宮は、二人でバイトをしながら数日間いろいろな思い出を作ります。

海で水着姿になった小宮の太ももには一つほくろがあり、それをじっと見つめた村松は怒られてしまうのでした。

楽しかった日々は過ぎ、その後、バイトでお金が貯まった村松が木美浜駅を出発する日がやってきます。

初日に盗難届を出していた交番に寄ってみると、すでに置き引きにあったカバンは戻ってきていました。

小宮は別れ際に、「カバンがすでに戻ってきているのを知っていたが、楽しかったから黙っていた」と村松に告げ、謝罪します。

そして、佐倉麻美に会いに行く村松に、「応援してる」とエールを送るのでした。

どこか複雑な気持ちの中、村松は再度、佐倉麻美のいる目的地を目指して電車へ乗りますが・・。

(ネタバレへ続きます)

 

「途中下車」ネタバレ

佐倉麻美に会いに再度電車へ乗り込むと、元同級生の八田(男子)が電車に乗っていました。

佐倉麻美は誰にでも優しく、八田にもノートを貸したりと世話を焼いていました。

そのため、村松は「お前も佐倉麻美に会いに行くのだろう」と決めつけますが、その言葉を八田は全力で否定します。

なんと、八田の話によると、「佐倉麻美」は上っ面のいい口だけの女で、女子からも嫌われていたということでした。

そして、その佐倉麻美をフォローしいつも尻ぬぐいをしていたのが小宮慶子だったといい、自分は小宮慶子に交際を申し込みに来たというのです。

八田の口から様々なエピソード語られます。

佐倉麻美は、厄介なことを受けるだけ受けて、それをすべて小宮慶子に押し付けており、最終的にはあたかも自分の手柄のようにしていたのです。

話の中で、佐倉麻美は少しの血を見ただけで卒倒するほど血が苦手ということが明らかになります。

村松は、そんな佐倉が竹林で出血が酷かった自分の手当てをできるわけがないことに気が付きます。

そして、佐倉以外にもう一人近くに誰かがいたことと、手当てをしてくれた女の子の太ももにほくろがあったことを思い出すのでした。

太もものほくろ―助けてくれた「命の恩人」は、まさしく小宮慶子でした。

(話の大筋には関係ありませんが、小宮慶子は医者の娘であることが明らかになっていました。

そのため、応急処置などに精通しているというのも納得ですね。)

その後、八田より「木美浜駅はまだか?」と聞かれた村松は、すでに通り過ぎているにも関わらず「到着していない。まだ先だ」と誤魔化します。

小宮慶子に会いに木美浜駅まで来た八田でしたが、長旅で居眠りをしていたため、今どこの駅なのか曖昧だったのです。

間抜けな八田を出し抜いた村松は、次の駅で自分だけ下車するのでした。

 

ショートプログラム(JO1)途中下車その後二人は付き合った?

このお話は二人が付き合って終わりではありませんよね。

その後二人は付き合ったのかが明確に書かれていないため、どうなったんだろう?と気になった方も多いのではないでしょうか?

原作でははっきりと明言されていませんが、99%付き合ったのではないかと思います。

まず、小宮慶子は「荷物が届いていたのは知ってたけど、楽しかったから黙ってた」と言っています。

上記の反応から、小宮は村松のことがいいなと思っていた・もしくは一緒に過ごした数日間でいいなと思ったことが明らかですよね。

そして村松も、最後に小宮が自分の怪我を助けてくれたことが判明した後に、木美浜駅の次の「三上」駅で降りています。

このあとは、反対側のホームへ行き小宮がいる「木美浜駅」に再度戻るのではないでしょうか。

誤解していた謝罪と、自分の気持ちを伝えるのだと思うと、きゅんと来ますよね。

 

ショートプログラム(JO1)途中下車ネタバレあらすじ!その後二人は付き合った?まとめ

今日は「ショートプログラム(JO1)途中下車ネタバレあらすじ!その後二人は付き合った?」と題して、ショートプログラム(JO1)途中下車ネタバレあらすじと、その後二人は付き合ったかを検証してみましたが、いかがでしたか?

爽やかな夏の物語で、映像を見ても河野さんがはしゃいでいる様子がほほえましいですよね(笑)

筆者もこのお話はすごくきゅんと来たので、いまから見るのが楽しみです!

放送日をまちましょう!

最後までご覧いただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました