竜とそばかすの姫とサマーウォーズが似てると話題!ストーリーの内容や画像を比較!

竜とそばかすの姫と サマーウォーズが似てると話題! ストーリーの内容や画像を比較! エンタメ
竜とそばかすの姫と サマーウォーズが似てると話題! ストーリーの内容や画像を比較!
Pocket

細田守監督といえば、日本を代表するアニメ映画監督の一人ですよね。

家族・友人との絆や主人公の成長を描いたストーリーに、どの作品も心が揺さぶられます。

その細田守監督の最新作である「竜とそばかすの姫」が7月に公開されます。

本作ですが、予告映像・画像を見た方から、同監督の代表作「サマーウォーズ」と比較して、内容などが非常に似ているのではないか?と話題になっているようなんです!

「竜とそばかすの姫」と「サマーウォーズ」は本当に似ているのか?

今回は、ストーリーの内容や画像を比較していきます!

 

竜とそばかすの姫とサマーウォーズが似てると話題?

「竜とそばかすの姫」は、前述の通り細田守監督の最新作です。

そして、「サマーウォーズ」は、2009年に上映された細田守監督の代表作の一つです。

10年以上も前の作品と、最新作である「竜とそばかすの姫」が似ているというのは一体どういうことなのでしょうか?

まだ公開前ということもあり、詳しい内容というよりも予告映像や公式サイトを見て話題となっている印象ですが、早速検証していきましょう。

 

世間の反応は?

竜とそばかすの姫、予告見たけどサマーウォーズ感あるよね!!!?
サマーウォーズ面白かったしめっちゃ見たい!

予告見てて、え?これかなりサマーウォーズっぽいなと思ったらやっぱり細田守作品だったわ。

「竜とそばかすの姫」だって。上映したら観に行きたいな。

「竜とそばかすの姫」っていう映画の広告がYouTube見てたら流れてきた。なんか見たことある絵柄だな~と思ったら、サマーウォーズの監督の人と同じ人だった。期待大。

インターネット上でも似ているという声がやはり多くみられました。

筆者も映画館で予告を見ましたが、映像を見てすぐに「え、これサマーウォーズの続編的なやつ?」と思いました(笑)

同監督の作品はどれも非常に人気がありますが、中でもサマーウォーズは非常に人気が高い作品です。

結構な頻度でテレビ放送もされるため、「サマーウォーズで細田守監督を知ったよ」という方も多いのではないでしょうか。

代表作ということもあり、知っている人が多い分そういう印象になってしまうのかもしれませんね。

以前の作品と似るとマンネリ化を感じる方もいそうだなと思いましたが、実際には「竜とそばかすの姫とサマーウォーズが似ている」という意見のほとんどは、作品に対しての期待の気持ちが込められている感想だなと感じました。

「似ているから楽しみ」と期待値が高いということは、それほど細田守監督の世界観や、サマーウォーズという作品が愛されているという証拠とも言えますね。

 

ストーリーの内容や画像を比較!

まだ予告を見たことがない方や、サマーウォーズを見たことがない方は、実際にどういった部分が似ているのか?が一番気になるところですよね。

2つが似ているといわれるポイントを、ストーリーの内容や画像をもとに検証していきます。

 

ストーリーの内容

同じ監督だから絵が似るのは当たり前な気もしますし、「似てる」と言われてまず気になるのはメインのストーリー展開ですよね。

まずは、2つの作品のあらすじを比較してみていきましょう。

 

竜とそばかすの姫 あらすじ

それでは、竜とそばかすの姫のあらすじを見ていきましょう。

「竜とそばかすの姫」は自然豊かな高知の村に住む17歳の女子高校生・すずが主人公です。

母と一緒に歌うことが何よりも大好きだったすずでしたが、幼いときに経験した母の死がきっかけで歌うことができなくなっていました。

そんなる日、すずは親友から誘われて、全世界で50億人以上が集うインターネット上の仮想世界<U(ユー)>に参加することになります

<U>では自分の分身を作り、まったく別の人生を生きることができるのです。

長らく歌うことができなかったすずでしたが、<U>の中で生きる「ベル」と名付けた自分の分身の姿では自然と歌うことができました。

そして、<U>の世界でベルの歌は瞬く間に話題となり、すずは<U>の中でベルという歌姫として世界中の人気者になっていきます。

<U>の中で行われるベルの大規模コンサートの日、ベルの前に突然「竜」と呼ばれる謎の存在が現れ、コンサートは無茶苦茶に。

乱暴で謎めいた竜が抱える大きな傷の秘密を知りたいとベルは竜に近づきます。

一方、竜もまた、ベルの優しい歌声に少しずつ心を開いていくのでした。

そんな中、<U>の秩序を乱すものとして、正義を名乗る者たちが竜の正体を突き詰めようと執拗に追いかけ始めます。

<U>の世界と現実世界の双方では竜に対する誹謗中傷が溢れだし、竜をいずれもの世界から排除しようという動きが加速していきます。

ベルは竜を探し出し、その心を救いたいと願いますがその行方は・・・?

現実世界の片隅に生きるすずの声は、たった一人の「誰か」に届くのでしょうか。

<U>の世界と現実世界、二つの世界がひとつになる時、奇跡が生まれます。

以上が「竜とそばかすの姫」のあらすじです。

 

サマーウォーズ あらすじ

続いて、サマーウォーズのあらすじを見ていきましょう。

サマーウォーズの主人公は、天才的な数学力を持つもののちょっと内気な高校2年生の小磯健二です。

サマーウォーズの世界には、世界中の人々が集うインターネット上の仮想世界OZ(オズ)が存在しています。

高2の夏休み、健二は友人と共にOZの保守点検のバイトに明け暮れる予定でしたが、そこに憧れの先輩・夏希が現れます。

アルバイトを頼みたいという夏希に二つ返事でOKしたものの、夏希に連れられて辿りついた先は、長野にある彼女の田舎でした。

夏希の実家は室町時代から続く戦国一家・陣内(じんのうち)家であり、祖母である栄の誕生日を祝うために個性豊かな27人もの親戚一同が揃っていたのでした。

そして、健二は夏希から「ここにいる間フィアンセのフリをしてほしい」と頼まれます。

夏希のいうアルバイトとは、このことだったのです。

数日間の滞在をすることになった健二は、大家族の中で必死に「フィアンセ」のふりを全うしようと奮闘します。

そんな夜、彼の携帯に謎の数字が連なったメールが突然届きます。

数学が得意な健二はその解読に夢中になりますが、翌朝起きると世界は大きく一変していました。

OZの中で、健二を名乗る何者かが世界を混乱に陥れていたのです。

祖母である栄の号令のもと、健二と夏希、そして陣内家の面々が、一致団結して世界の危機に立ち向かうのですがーーー。

以上が、サマーウォーズのあらすじです。

 

似ているポイントを画像付きで比較

あらすじを見てみると、いくつか共通している設定があることが分かりますよね。

あらすじをもとに、現在公開されている画像・映像を用いて似ている部分を検証をしてみたところ、大きく「3つ」共通している部分があるなと感じました。

それぞれまとめてみましたので、見ていきましょう。

 

物語の舞台は「自然豊かな田舎町」

https://twitter.com/saika_petit/status/1403300765590908928

2つとも、日本国内の自然豊かな田舎町が物語の舞台であることがわかります。

サマーウォーズは長野県の上田市を舞台として制作されたことが明らかになっています。

竜とそばかすの姫も、四国にある高知県が舞台であると公式にて明記されていることが伺えます。

どちらも田舎町で起こる物語ということですね。

 

主人公は「高校生」

竜とそばかすの姫は高校1年生の女の子すずが、サマーウォーズは高校2年生の小磯健二が主人公です。

性別は異なりますが、どちらも思春期の高校生が主人公ということがわかりますね。

ちなみに、細田守監督の作品のうち、高校生の少女が主役の作品は2006年の「時をかける少女」ぶりとなります。

思春期ならではの甘酸っぱい感情やもやもやとした葛藤が、劇中でどう表現されるのか楽しみですね。

 

「 仮想世界」が存在する

竜とそばかすの姫には「U(ユー)」、サマーウォーズには「OZ」という名の仮想世界が存在しており、それぞれが物語の展開に密接に関わってきます。

おそらく、予告を見た人のほとんどがこの設定に既視感を覚えたのではないかと思います。

ただし、あらすじを見てみると、竜とそばかすの姫の仮想世界「U(ユー)」がアバターを作成し「まったく別の人生を生きることができる」という目的が果たせるというものに対し、

サマーウォーズの「OZ」は納税や行政手続き、買い物が行えるなどインフラのような役割を担っていました。

予告だけの印象ですが、「U(ユー)」のアバターは人型に近しいのに対して、「OZ」はデフォルメされた動物姿がメインでキャラクター性が強かったように思います。

この設定を受けると、劇中でのそれぞれの仮想世界の役割は少し異なるのかもしれませんね。

「U(ユー)」のほうが、「OZ」より「もう一人の自分」「もう一つの人生」として存在することを目的とした仮想世界であることが伺えます。

仮想空間に自己投影し、バーチャル世界の中で理想の自分を作り出すという一面は、現在のインスタグラムなどのSNSに非常に似ているとも言えますね。

 

竜とそばかすの姫はサマーウォーズよりも「美女と野獣」に似てる?

この画像は竜とそばかすの姫のキービジュアルですが、何かに似ていませんか?

私は、ディズニー映画の「美女と野獣」にそっくりだと感じました。

美しい姫と、嫌われ者の竜(野獣)が手を取り合っている様子が非常に似ているように思います。

また、美女と野獣のヒロインはベルという少女ですが、主人公のすずが仮想世界「U(ユー)」のアバターにつけている名前も「ベル」なんです!

すず(鈴)の英語で「ベル」なのかなと思いましたが、それにしても似ていますよね。

Twitter等でも似た意見が見受けられました。

もしかしたら、本作は美女と野獣を少しオマージュしているのかもしれませんね。

 

まとめ

https://twitter.com/studio_chizu/status/1394231468411428864

本日は、「竜とそばかすの姫とサマーウォーズが似てると話題!ストーリーの内容や画像を比較!」ということで、細田守監督の最新作である「竜とそばかすの姫」と、代表作「サマーウォーズ」が似ているのかを、ストーリーと現時点で公開されている画像をもとに比較してみました。

結果としては、設定・画像の中でも似てる部分が多くあることが分かりましたね。

まだ細田守監督の作品を見たことのない方はもちろん、サマーウォーズファンの方も公開日が待ち遠しいのではないでしょうか。

待望の最新作「竜とそばかすの姫」は、7/16(金)から公開です。

また、嬉しいことにサマーウォーズも同日の7/16(金)に金曜ロードショーで放送されますよ!!

どちらも見て、細田守監督の世界観を存分に感じましょう♪

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました