断水時のマンションのトイレ流し方は?応急処置もご紹介!

断水時のマンションのトイレ流し方は?応急処置もご紹介! ニュース
断水時のマンションのトイレ流し方は?応急処置もご紹介!
Pocket

※2021年10月3日(日)に起こった和歌山市の断水情報はこちらにてまとめています。

断水になってしまった場合、マンションのトイレの流し方はどうすればいいのか?困りますよね。

計画的な断水であれば水はあらかた用意することもできますが、意図しない突発的な断水の場合は困ってしまいますよね。

今回は、「断水時のマンションのトイレ流し方は?応急処置もご紹介!」として、断水時のマンションのトイレ流し方と応急処置をご紹介していきます。

状況に応じたトイレの流し方・トイレがない場合の代用方法となりますので、ぜひご参考ください。

最後までごゆっくりご覧ください♪

 

断水時のマンションのトイレ流し方は?

断水時のマンションにおいて、トイレはどのようにしたらいいのか?悩みますよね。

以下は、断水することが前もって分かっており、「事前にある程度の水を用意しておける場合」の対応方法です。

断水後、大便や小便をしたら、バケツ1杯分(6~8リットル程度)の水を一気に便器に流し込み、その後バケツ0.5杯分の水を静かに流し入れます。

もし、便器から「ボコッ」というような音がしたら汚物はちゃんと流れていますが、聞こえない場合はもう一度勢いよく便器に水を流し込んでみましょう。

この作業は、必ず便器の周りに新聞紙や雑巾を置いてから行ったほうが良いです。理由は簡単で、何も置かないまま作業をはじめてしまうと、最初に勢いよく水を流し込む際に便器から水が飛び散って床が汚れてしまうからです。

また、排水管内に汚物がたまって詰まりを起こさないようにするためにも、2~3回に1回の頻度で便器に流し込む量をバケツ1.5~2杯分(12リットル前後)に増やしましょう。

(引用:防災専科とくだネット  https://109-da.net/toilet/528/ )

事前に水を用意しておける場合は、上記の対応方法でトイレを流すことができますのでご参考ください。

あらかじめ決まっている場合は、前もってお風呂などにためておくのがいいでしょう。

その際、水が汲めるようにバケツなど大き目の容器も合わせて準備しておくのがよさそうですね。

 

復旧後に水を流す注意点をご紹介

断水が終わり、やっと水が復旧する・・・ほっと一息つきたいところですが、断水後に初めて水を流す時も注意が必要だということをご存じでしたか?

砂などの異物・水道管に入り込んでしまった空気などにより、トイレのみならず水栓(蛇口)や器具自体が不具合を起こす恐れがあるようですので、不用意に水を使用するのは危険です。

断水中に元栓を閉めていた場合、以下に倣い注意しながら開栓作業をしてください。

 

1.屋内配管の確認と元栓の開栓

  • 元栓の開栓前に、台所や浴室などのすべての水栓(蛇口)を閉める
  • 元栓をゆっくり開け、水道メータが動かないことを確認する

 

2.水道管に入り込んでしまった異物と空気を除去する

  • 屋外の単水栓などにより、水が透明になるまでしばらく水を出す
  • 屋外に単水栓が無い場合は、宅内の単水栓や2ハンドル水栓より水が透明になるまで水を流し続ける

 

使用開始後、水栓(蛇口)、トイレに不具合がある場合は?

  • 水が出なかったり、出るけど勢いが弱い場合:ストレーナ(フィルター)の清掃をしてみてください※ストレーナの清掃方法は各メーカーHPをご確認ください
  • 水が止まらない場合:何度かハンドルを操作してみてください

上記でも不具合が解消しない場合、清掃方法が分からない場合は修理に依頼するのが確実です。

※上記、TOTOの公式HPよりまとめました。

 

応急処置もご紹介!

今まで「水が用意できる場合」の流し方をご紹介してきましたが、急な災害や断水だと水の備えがありませんよね。

その場合は、簡易トイレを作るというやり方で応急処置が可能です。

新聞紙やチラシ、ゴミ袋や子供用・大人用おむつ・ペットのトイレシートなどがある場合は、それらをつかって便器自体を利用した簡易トイレを作成しましょう。

それでは、早速作り方を見ていきましょう。

 

簡易トイレの作り方

★用意するもの★

  • ポリ袋orゴミ袋を数枚
  • 新聞紙・チラシ・おむつ・ペットシートなど水を吸収するもの

★作り方★

①便器の便座を上まであげたのち、ポリ袋(ゴミ袋)をセットします。

※このとき、便器の開口している部分ををすっぽりと覆うようにしてください。

②便座を下げた後、もう1枚のポリ袋を広げて、便座を覆い隠すように重ねます。

※ポリ袋で便器をサンドするようなイメージです。

③2枚目のポリ袋の上にちぎった新聞紙を敷いたり、おむつなどを置きます。

これで簡易トイレの完成です。

※用を足し終わった後は、ポリ袋の上の口を結んで、そのまま所定の場所に捨てればOKです。

ただし、ごみの出し方に関しては各自治体のルールに従ってください。

※便器がない場合は便器の代わりにバケツや段ボールで代用が可能です。

特に夏場などは衛生面が若干気になるかもしれませんが、こうすることで、数日程度は用を足すのに困ることはなくなります。

災害時の簡易トイレ用に、新聞紙やちらしは一定期間保管しておいたり、おむつやペットシートなども一定数用意をしておくと安心かもしれませんね。

また、話し合いをして、家族でまとめてトイレに行くなどの対策もできそうですね。

またよい情報が分かり次第追記していきます。

 

断水時のマンションのトイレ流し方は?応急処置もご紹介!まとめ

今回は、「断水時のマンションのトイレ流し方は?応急処置もご紹介!」として、断水時のマンションのトイレ流し方と応急処置をご紹介してきましたが、いかがでしたか?

排泄は人間にとって避けられないことですから、断水などの非常事態でもなるべく快適に使用したいですよね。

いつ起こるかわからない災害に向けて、備えをしておくことや知識をつけておくことも非常に大切だなと思います。

本記事が、突然の事態の時に少しでもお役に立てたらうれしいです。

最後までご覧いただきありがとうございました!!

※2021年10月3日(日)に起こった和歌山市の断水情報はこちらにてまとめています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました