いやはや熱海くんのあらすじを簡単に!どんな話なのかを分かりやすく解説

いやはや熱海くんのあらすじを簡単に!どんな話なのかを分かりやすく解説 アニメ・漫画
いやはや熱海くんのあらすじを簡単に!どんな話なのかを分かりやすく解説
Pocket

雑誌CREAの「夜ふかしマンガ大賞2023」で見事1位に輝き、今大注目の漫画といえば「いやはや熱海くん」です。

田沼朝さんの作品であり、漫画誌「ハルタ」で毎号連載がされています。

この「いやはや熱海くん」が、一体どんな話なのか気になる方も多いのではないでしょうか?

今日は「いやはや熱海くんのあらすじを簡単に!どんな話なのかを分かりやすく解説」として、いやはや熱海くんのあらすじを簡単にご説明しつつ、どんな話なのかを分かりやすく解説していきます。

筆者も大好きな漫画です。

最後までごゆっくりご覧ください。

 

いやはや熱海くんのあらすじを簡単に!

まずは、「いやはや熱海くん」についてあらすじや登場人物など話の概要を説明してきます。

早速行きましょう。

 

簡単なあらすじ

主人公の熱海くんは高校一年生の男の子です。

容姿端麗な熱海くんはクラスの女子から告白される毎日を過ごしているのですが、熱海くんが好きなのは昔から男の人。

せっかくの告白を断り続ける日々を送っています。

熱海くんは非常に惚れっぽい性格をしているので、恋愛に関する悩みは尽きません。

熱海くんの周りにいる魅力的な登場人物と、恋愛・人間関係について時に悩み、時に考え続ける熱海くんの日常が淡々と描かれている作品です。

 

本作の登場人物

簡単なあらすじを紹介しましたので、次に登場人物を見ていきましょう。

 

本作の主人公:熱海くん(高校一年生)

まず、本作の主人公はタイトルと1巻表紙にもなっている「熱海くん」です。

熱海くんは高校一年生の男の子。

  • 容姿端麗(初夏の時点で1クラス~2クラスくらいの女子から告白されている)
  • 惚れっぽい性格
  • 男の人が好き
  • 父子家庭(父親との関係は必要以上に仲悪くも良くもなく、普通)

1巻時点で明かされた大きなパーソナルな情報は上記でしょうか。

熱海くんは友達が少ないほうですが、内気なわけではなく好んで一人でいるタイプの男の子です。

女子からモテまくりの熱海くんですが、熱海くんの恋愛対象は男の子。

非常に惚れっぽい熱海くんは小さいときからことあるごとに人を好きになってきました。

中学校の卒業式の時に生まれて初めて告白をしますが、その時に相手から「それは違う」と自分の恋愛感情を否定されてしまいます。

それ以降、熱海くんは女の子から寄せられる好意もうまく受け取れなくなってしまい、そのことが熱海くんを悩ませ続けています。

 

一つ上の先輩:足立さん(高校二年生)

足立さんは、校舎裏で熱海くんが出会った先輩です。

  • 父(単身赴任中)・母・姉の四人家族
  • 読書が好き(文学が好み)
  • 誠実な人柄
  • 誰かに片思いをしている

惚れっぽい熱海くんは、入学してすぐに校舎裏で会う足立さんのことを好きになってしまいます。

足立さんは、父子家庭で食事が一人の熱海くんを自宅に招いて食事をするなど非常に面倒見のいい先輩です。

熱海くんからストレートに自分の好意を伝えらえれた際も誠実に断り、偏見を持たずに友人関係を続けています。

 

同級生:綿野くん(高校一年生)

熱海くんの同級生で、野球部です。

熱海くんとはノートの回収をきっかけに仲良くなります。

幼馴染の彼女がいます。

 

同級生:辻くん(高校一年生)

熱海くんの同級生で、人とあまり関わらない大人しいタイプの生徒です。

熱海くんとは席が前後になったことがきっかけで仲良くなります。

 

いやはや熱海くんはどんな話かをわかりやすく解説

登場人物とあらすじを紹介したところで、もっと詳しく作品を見ていきましょう。

どんな話か、何が魅力かわかりやすく解説していきます。

 

どんな話?魅力をわかりやすく解説

「いやはや熱海くん」は前述の通り、高校一年生の熱海くんの日常を描いた作品です。

惚れっぽい熱海くんの周りには魅力的な人がたくさんいて、熱海くんはいろんな人に対して恋愛感情を持っていくわけです。

そして、作中ではそのなかで発見する感情や悩みなどを丁寧かつ軽やかに描いています。

どこか哲学的・文学的な作品で、派手な展開はないものの、見ていてハッとさせられるような言葉が作中にはちりばめられています。

まだ1巻のみなので今後にもよりますが、先輩である足立さんは1話からずっと登場し続けており、作中を通して熱海くんのよき友人・対話相手のポジションです。

作中での熱海くんと足立さんの会話は高校生らしい「ゆるさ」がありながら、どこか本質をとらえていて、会話の言葉選び・流れから目が離せません。

そういった意味では、会話劇を楽しむ作品でもありますね。

また、ゆとりと余白のある絵柄が作品の雰囲気に非常にあっており、シンプルな絵柄が本作の魅力をより際立たせているように思います。

筆者が個人的に好きなポイントをお伝えすると、熱海くんはいわゆる「ゲイ」なのですが、劇中でその言葉が出てこないことです。

LGBTなどを扱った作品は世の中にたくさんありますが、本作の本質のテーマはそういった部分ではないように感じています。

カテゴライズせず、あくまで熱海くんの恋愛感情とその悩みをただ描いているところがとても魅力的だなと思っています。

 

Twitter(X)の声

Twitterでも面白い!という声が多かったです。

続きが気になる!というようなタイプの漫画ではありませんが、日常にそっと寄り添ってくれるような作品であり癒される・考えるきっかけをくれる作品ですね。

 

いやはや熱海くんのあらすじを簡単に!どんな話なのかを分かりやすく解説まとめ

今日は「いやはや熱海くんのあらすじを簡単に!どんな話なのかを分かりやすく解説」として、いやはや熱海くんのあらすじを簡単にご説明しつつ、どんな話なのかを分かりやすく解説してきましたが、いかがでしたか?

筆者はもともとこういった会話がメインのお話が好きなのですが、いやはや熱海くんはドンピシャで好みの作品でした。

日常に悩みながらも毎日を楽しく淡々と生きている高校生の熱海くん。

そんな熱海くんの日常は基本的にまじめですが、まじめな中に意図しないユーモアが存在していて、見ていてどうしようもなくいとおしくなってしまいますよね。

これからも連載を楽しみに追っていこうと思います。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました