変な家のネタバレ小説最終回結末は?犯人や子供部屋仏壇についても解説

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

変な家のネタバレ小説最終回結末は?犯人や子供部屋仏壇についても解説 アニメ・漫画
変な家のネタバレ小説最終回結末は?犯人や子供部屋仏壇についても解説
Pocket

2024年3月に映画化する「変な家」。

間宮祥太朗さんなど豪華キャストでの映画化ということもあり、非常に話題になっていますよね。

原作は雨穴さんの小説・ウェブ記事・YouTube動画で、現在漫画も連載しています。

映画に先駆けて、原作の結末やネタバレが気になる方も多いのではないでしょうか?

今日は、「変な家のネタバレ小説最終回結末は?犯人や子供部屋仏壇についても解説」として、変な家のネタバレ小説最終回結末と、犯人や子供部屋仏壇についても解説していきます。

 

変な家のネタバレ小説最終回結末は?

変な家の最終回のネタバレ結末は、

  • 宮江恭一の死の真相は孤独死であり、他殺(殺害)されたわけではなかった
  • 子供部屋に窓がないのは、左手供養のため
  • 仏壇は、切り取った左手を安置する場所として使用されていた
  • 左手供養は片淵家(宮江恭一の妻の実家)に古くから伝わってきた呪いのしきたりが関係していた

です。

箇条書きとなってしまいましたので、詳しく解説していきます。

 

変な家のネタバレ犯人や子供部屋仏壇についても解説

それぞれについて詳しく解説をしていきます。

 

変な家犯人のネタバレは?

宮江柚希(2つ目の間取り図を持ってきた女性)の夫と思われた宮江恭一は作中で命を落とします。

バラバラの遺体で発見されたため他殺と思われましたが、実は宮江恭一の死の理由は「孤独死」でした。

バラバラになっていたのは死後に慶太が行ったことであり、しきたりをいまもしっかり行っているように見せかけるための行動でした。

それを知らず殺害されたと思った柚希は、恭一の妻であると嘘をつき雨穴(主人公)に近づきます。

柚希は恭一の妻ではなく、家に住んでいた片淵家の妻の妹でした。

 

変な家子供部屋のネタバレは?

「変な家」は、子供部屋に窓がないことに対しての違和感をきっかけに話が進みます。

2つ目、3つ目の間取りすべての子供部屋に窓がありませんでしたが、その理由は、片淵家の「左手供養」のためでした。 

片淵家では昔より、左手がない子どもは暗室で育てるという掟があったのです。

桃弥はそんな環境にもめげずに優しく育ちましたが、通常であれば精神異常をきたしてもおかしくはありませんね。

 

変な家仏壇のネタバレは?

仏壇は、切り取った左手を安置する場所として使用されていました。

 

Twitter(X)の声

Twitter(X)ページをめくる手が止まらず最後まで読んでしまったという声が非常に多くありました。

変な家は漫画にもなっており(連載中)、大変好評のようですね。

本が苦手な方は漫画で読んでみるのもいいかもしれません。

 

変な家のネタバレ小説最終回結末は?犯人や子供部屋仏壇についても解説まとめ

今日は、「変な家のネタバレ小説最終回結末は?犯人や子供部屋仏壇についても解説」として、変な家のネタバレ小説最終回結末と、犯人や子供部屋仏壇についても解説してきましたが、いかがでしたか?

映画ではオリジナル展開があるのか、小説通りに話が進むのか、どのように映像化されるのかなどとても楽しみですね。

公開を楽しみに待ちましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました